運動できない方や自分で簡単に動かせない部分の老化

柔軟性の改善には運動が不可欠です。しかし、正常な筋、そして健康な筋を持っている人であれば良いのですが、腰痛、肩こりなどで悩まされ、痛みのため動くことさえままならぬ人、老化がかなり進んでしまい思ったように運動すら出来ない人たちはどのようにすればよいのでしょうか。
無理のないように少しずつ行えば徐々に改善すると思われがちですが、運動をすることで筋の硬化がより強固になる場合、痛みを発するようになる場合、そして運動を行ってもまったく改善が見られない場合などが存在するのです。
また、マッサージにおいても同様なことが言えます。それは筋の硬化を起こした原因の種類により施術方法が異なるということ。硬化した期間が長くなると筋の萎縮及び線維化などが進みやすくなるということ。表層よりむしろ深層筋が硬化しやすく、触ることが困難であることが多いことなどです。
このように筋の硬化が生じ柔軟性が低下している様態の中には運動やマッサージを行っても容易に改善できないものが存在するのです。