どうすればいいのでしょう?

では、どのようにすれば筋の硬化、そして柔軟性の低下を予防できるのでしょうか?
食事は管理している。運動を適度に行っている。精神面は安定している。定期的にマッサージなどを受けている。
パーフェクト、すばらしいことです。
しかし、ここで一つ問題が生じてくるのです。当然のことですが、各個人で、老化の進み具合が異なり、老化している部位も異なっているのです。
しかし、世間ではワンパターンの操作方法を、どなたにも効果があるように発信しています。もちろん、どなたにも対応できるということは、それなりに害は無いものでしょう。しかし、それはどの人の口にも合うように作られた、バイキング料理のようなものです。
つまり、注意していただきたいことは、個人個人、みな違うのです。つまり、個人個人にあった食事と運動が存在し、マッサージが存在し、ストレスを貯めない方法も個人個人によって異なるということなのです。