血管機能の低下

血管機能の重要性について

私たちは、細胞の老化や死を左右する重要な環境因子が血管機能にあると考えています。 栄養や老廃物を運ぶ血管は、私たち体の中で最も大切な器官です。身近なものにたとえるなら道路です。道路自体がきれいに整備され、障害物がなければ車はスムーズに移動できます。しかし、石ころや泥などで足元が悪ければ、移動は困難になります。
つまり血管の機能が低下し、異常を起こしてしまうと、関連している細胞の周囲でゴミなどの老廃物がたまってしまい、必要な栄養も届きにくくなるのです。
その結果、血流を必要としている細胞自体が弱体化し、細胞本来の機能も低下してしまうのです。 皆さんが一番気になる皮膚でたとえると、(1)免疫力が低下して生じる感染や肌荒れ (2)皮膚細胞の機能低下によるヒアルロンサンなどのコラーゲンの減少 (3)筋の緊張の低下などによる皮膚のたるみやしわなどが生じます。
ところが私たちは、弱ってきた細胞本来の機能を取り戻すのでは無く、皮膚の外側からサポートすることに神経を費やしているのではないでしょうか。
たとえば高価な栄養剤を飲み続けること、ヒアルロンサンを注入すること、老化した部分を切除し健康な部分を移植するなどです。
本来は細胞が正常に働いてくれさえすれば、外側からサポートをする必要が無いことはご存知のはずです。血管機能を改善し、細胞の働きをよみがえらせることが、自然の美しさではないでしょうか。