About Theory 施術理論について

上のムービーは、右クリックで拡大・縮小を選択することによって、大きさを自由に変える事が出来ます。

骨格筋(横紋筋)の収縮機構
1. 2. 運動神経の興奮
活動電位の運動神経終末への伝導→終末部の脱分極→終末部の電位依存性Ca2チャネルの開口→終末部へのCa2流入→終末内Ca2濃度の上昇
3. 4. Ca2濃度上昇によるシナプス小胞と細胞膜の融合→小胞からのアセチルコリン(Ach)の放出→筋細胞膜にあるニコチン性アセチルコリンレセプター
(AchR、イオンチャネルが内蔵されている)によるAchの受容(結合)と開口→Naの筋細胞内への流入
5. 終板電位(EPP)の発生→EPP(脱分極)による筋細胞膜の電位依存性Naチャネルの活性化→活動電位の発生
6. 活動電位が筋細胞膜上を伝導し横行小管(T管)内に到達
7. T管膜に分布し、筋小胞体末端膨大部と連結する電位依存性Ca2チャネル(ジヒドロピリジン受容体DHPR)の活動電位による活性化(構造変化)→筋小胞体(SR)膜に分布しDHPRと連結するリアノジン受容体(Ca2遊離チャネルを内蔵する)の開口
8. 筋小胞体から細胞質へのCa2の放出
9. Ca2はアクチンフィラメントにあるトロポニンCに結合→アクチン・ミオシン相互作用の抑制解除(Ca2非結合のトロポニンCはアクチンとミオシンの相互作用を抑制している)→アクチンとミオシンの相互作用→筋フィラメント間の化学反応サイクルの開始(筋収縮)。興奮-収縮連関

筋弛緩の機構
10. 筋細胞膜の脱分極(活動電位)の終了(細胞膜の再分極)→T管膜の再分極
11. DHP受容体とリアノジン受容体の活性化が終了→筋小胞体からのCa2放出の停止
12. 筋小胞体にあるCa2-ATPase(Ca2ポンプ)によるCa2の筋小胞体への再取り込みと細胞膜上のCa2ポンプによるCa2の細胞外への汲み出し(これらのポンプは常時活動している)→細胞内Ca2の減少
Ca2はトロポニンCから解離し、アクチンとミオシンの相互作用が断たれて筋は弛緩する

  骨格筋の収縮は、運動神経線維終末からのAch放出による筋線維の終板電位と引き続く活動電位の発生と横行小管系への伝導が引き金となって、筋小胞体の終末層からのCa2放出で、太いミオシンフィラメントの間に細いアクチンフィラメントが滑り込むことによって生じる。
運動神経の活動電位終了に引き続いて筋線維T管膜のDHP受容体、そして筋小胞体のリアノジン受容体の活性化も終了し、筋小胞体からのCa2放出が停止する。 これと同時に、筋小胞体のCa2の再取り込みが優勢になり、筋細胞質のCa2濃度が減少してトロポニンからCa2が離脱して再びアクチンとミオシンの相互作用が抑制され、筋は弛緩する。

収縮と弛緩システムから見た筋拘縮
  (正常な筋収縮は神経活動電位で生じるが、活動電位を伴わない収縮を筋拘縮と呼ぶ)

①②③④⑤⑥:神経損傷および機能低下による筋拘縮
  神経損傷による場合
  神経損傷は、交通事故、スポーツなどで神経に過度な牽引力が加わったり、打撲や無理なマッサージなどの外力で生じることが多い。神経損傷の場合、運動神経の興奮は神経末端へ正常に到達することは無く、運動麻痺および運動機能低下が起こる。また、神経の末端よりAchが過剰に漏れ出すことも考えられる。この場合は、伝達物質が過剰に放出されることにより、当該筋を含む周囲筋が収縮しやすい状況になると考えられる。
  神経機能低下による場
  脊柱での神経圧迫などラディキュロパシーといわれる状態では、神経が機能低下に陥り、運動神経の興奮が正常に伝達されにくくなる。すると筋膜側にアセチルコリン受容体(AchR)が過剰に出現し、他の運動神経からのAchを受容するようになる。つまり、筋の収縮閾値が低下し、筋は収縮しやすくなる。

④⑤⑥⑪⑫:筋膜損傷による筋拘縮
  交通事故、打撲、捻挫、挫傷などにより、筋の細胞膜が損傷する場合
  1. 細胞膜が損傷することで第一に考えられることは、細胞内外の濃度差によるCa2の細胞内への流入である。Ca2の流入により筋は拘縮する。また、Ca2の流入量によっては、蛋白分解酵素を活性させ、筋細胞自体を死滅させることも考えられる。
  2. 細胞膜に存在するCa2-Naポンプなど各種輸送体は、細胞膜が損傷することで機能しなくなる。その結果Ca2を細胞外に排出することができず、筋は弛緩することができなくなる。
いずれにせよ、これらの状態は長くは続かず、細胞膜は修復されるが、損傷の程度が大きいと、細胞自体が死滅することとなる。

⑦⑧:筋小胞体(SR)における筋拘縮
  収縮おけるCa2の放出と取り込み作用はSRの機能が大きく占めている。そのため、SRの損傷および機能低下は筋の拘縮を招く主原因となる。
  SRの損傷および機能低下
仕事やスポーツによる頻繁な筋の使いすぎ、あるいは強度な運動により、細胞膜損傷に至る前に、SRは容易に損傷すると考えられている。また、筋疲労時では、乳酸などの蓄積によるpHの低下(アシドーシス)が見られ、SRが機能低下すると報告されている。

⑨⑩⑪⑫:筋の収縮から弛緩に至る過程での筋拘縮
  S筋収縮から筋弛緩にいたる一連の過程で、一番重要なことはATPの関与である。ATPが枯渇した状態あるいは供給不足の状態では、カルシウムポンプなどの各輸送体が働かなくなり、拘縮(硬直)状態に陥る。またアクチンとミオシンの相互作用(結合)を切断するにはアクチンにATPが結合することが必要なので、ATPの枯渇は持続的な筋拘縮を引き起こす。死後硬直は主としてこのメカニズムで生じる
  ATPの枯渇、供給不足の原因は循環障害が一番の原因となる
ATPはミトコンドリア内部で酸化的リン酸化を行い効率よく産生される。つまり循環障害は酸素供給を著しく低下させ、エネルギー(ATP)産生を低下させる。
循環障害は、血管異常などの病的な問題以外に、筋の使い過ぎや同姿勢の維持あるいは筋疲労により生じる筋硬化による血管圧迫で容易に起こりえる。また、自律神経が関与した血管収縮、化学物質による炎症や浮腫みによっても循環は阻害されると考えられる。
また、損傷後の修復過程においても循環は非常に大切である。

  上記に、神経損傷および機能低下の問題、筋膜損傷による問題、筋小胞体損傷による問題、循環障害による問題などを提起したが、日常生活において体の使いすぎや同姿勢、筋疲労、スポーツ、転倒や事故などによる外傷、脊柱周辺の問題、そして精神的なものまでも関与して、筋は容易に拘縮することとなる。(この事実を理解していただきたい)
そして、拘縮が発生すると、血流が阻害され、エネルギー供給の危機的状態に陥り、代謝産物が蓄積し、BKが産出され筋肉の痛みの発生源となる。また、痛みのために反射性筋収縮や血管収縮が加わって痛みを強め、痛みの悪循環が出来上がる。そして、この悪循環がますますATPの産生低下を招き拘縮をますます弛緩できなくさせ(ATPクライシス)、筋の硬化がしこりのようになり慢性化して筋筋膜痛症候群となる。

老化・・・はたして、その原因は?

シワができた、シミが消えない、輪郭が弛んできた・・・そんなことを感じたことはありませんか? 「老化なんてまだまだ〜」という若いあなたも、先輩女性の姿を見て、「いずれは自分も・・」と思ったことがあるのではないでしょうか。

例に挙げたシミ・シワ・たるみなどは肌表面に現れた老化ですが、それらを引き起こしているのは一つ一つの細胞の老化。そして、その原因となるのが、細胞に栄養を送り届け、老廃物を運び出す血管機能の低下です。今、全く老化を意識していないあなたのカラダの中でも、老化は既に進行し始めているかもしれません。

老化は止められない・・・でも、遅らせることはできます!

老化を完璧に止めることはできません。が、老化の進行を遅らせることは可能です。そのために最も大切なのは、健康な血管を維持すること。日常生活では次の4つのポイントに気を配りましょう。

1.中性脂肪を控えたバランスの良い食生活。
2.規則正しい生活と適度な運動。
3.ストレスを溜めないよう、健やかな精神状態を保つこと。
4.身体の柔軟性を高め、血液の流れをスムーズにすること。

中でも注目してほしいのは4つ目。血管は筋肉の間をぬうように走行していますが、身体の柔軟性がなくなって筋肉が硬くなると血管は狭窄・圧迫され、血流も滞ってしまいます。でも、運動によって筋の柔軟性を保てば、健康な血管を維持でき、血流も良好。つまり、少しでも老化を遅らせて若さをキープするには、筋機能のキープが欠かせないのです。
では、既に固まってしまった筋肉はどうすればいいでしょう? また、運動できない方や、自分では簡単に動かせない部分の老化はケアできないのでしょうか?
たとえば、眉間に深く刻まれたシワ。高価なクリームをつけたり、ヒアルロン酸を注入することで一時的に薄れても、根本的な解消には至りません。それは、仕事中など絶えず眉間を寄せていた結果、表情筋が固まってしまったから。また、顎の歪みや二重顎も長年のかみ癖や頬杖などによる筋そのものの硬化が原因。一度老化してしまった筋肉を蘇らせることは、実は容易ではないのです

あきらめないで・・・Renewing Therapyがあります!!

若々しさ、美しさを維持するには、柔軟な筋肉を維持すること。そのために誕生したのが、Renewing Therapy(リニューイングセラピー)です。Renewとは“蘇らせる、回復させる”、つまり、若さと美しさを蘇らせる施術を意味します。
Renewing therapyは身体全域の筋肉、特に手の届きにくい深層の筋肉が対象で、施術は徒手が中心。時間をかけて硬化部分を緩め、筋をストレッチします。筋本来の柔軟性を回復させることで、血管機能も維持・回復。それが各細胞の活性化へと繋がり、老化の進行を緩やかにします。

既に老化を意識している方はもちろん、そうでない方にも、全く新しいアンチエイジング施術=Renewing Therapyは、これからますます必要とされていくでしょう。

詳細に関しては書籍をご購入ください

顔層筋
  • 『顔層筋メソッド』
    『顔層筋メソッド』
    (レタスクラブMOOK)
  • 『顔層筋パーフェクト・マッサージ』
    『顔層筋パーフェクトマッサージ』
    (ソフトバンククリエイティブ)
  • 『顔層筋DVDマスターBOOK』
    『顔層筋DVDマスターBOOK』
    (レタスクラブMOOK)
  • 『みるみるほうれい線が消える! 顔層筋トレーニング』
    『みるみるほうれい線が消える! 顔層筋トレーニング』
    (宝島社)
  • 『顔層筋深部リンパマッサージ』
    『顔層筋深部リンパマッサージ』
    (青春出版社)
  • 『ほうれい線が消える!顔層筋トレーニング14日間プログラム』
    『ほうれい線が消える!顔層筋トレーニング14日間プログラム』
    (宝島社)
深層筋
  • 『下半身やせ・深筋ダイエット』
    『下半身やせ・深筋ダイエット』
    (ソフトバンククリエイティブ)
  • 『深層筋メソッド』
    『深層筋メソッド』
    (レタスクラブMOOK)
  • 『タオル一本で、ガンコな肩こり・腰痛を治す』
    『タオル一本で、
    ガンコな肩こり・腰痛を治す』
    (PHP出版)
  • 『深層筋メソッドで腰痛が劇的に消える』
    『深層筋メソッドで腰痛が劇的に消える』
    (セブン&アイ出版)
  • 『深層筋メソッドでひじ・ひざ・手足の痛みが劇的に消える』
    『深層筋メソッドでひじ・ひざ・手足の痛みが劇的に消える』
    (セブン&アイ出版)
  • 『深層筋メソッドで肩こり・首痛が劇的に消える』
    『深層筋メソッドで肩こり・首痛が劇的に消える』
    (セブン&アイ出版)
  • 『深層筋大図鑑』
    『深層筋大図鑑』
    (セブン&アイ出版)
  • 『痛みの根本は筋肉にある! 深層筋療法 [DVD]』
    『痛みの根本は筋肉にある! 深層筋療法 [DVD]』
    (BABジャパン)
  • 『改訂新版 深層筋大図鑑』
    『改訂新版 深層筋大図鑑』
    (セブン&アイ出版)
ご案内 初めての方へ

モバイルサイトはこちら
『顔層筋メソッド』
『顔層筋メソッド』
(レタスクラブMOOK)
『下半身やせ・深筋ダイエット』
『下半身やせ・深筋ダイエット』
(ソフトバンククリエイティブ)
『深層筋メソッド』
『深層筋メソッド』
(レタスクラブMOOK)
『顔層筋パーフェクト・マッサージ』
『顔層筋パーフェクトマッサージ』
(ソフトバンククリエイティブ)
『女医と整体師が教える40歳からのもっともっと気持ちいいSEX』
『女医と整体師が教える40歳からの
もっともっと気持ちいいSEX』
(双葉社)
『タオル一本で、ガンコな肩こり・腰痛を治す』
『タオル一本で、
ガンコな肩こり・腰痛を治す』
(PHP出版)
『顔層筋DVDマスターBOOK』
『顔層筋DVDマスターBOOK』
(レタスクラブMOOK)
『深層筋メソッドで腰痛が劇的に消える』
『深層筋メソッドで腰痛が劇的に消える』
(セブン&アイ出版)
『深層筋メソッドでひじ・ひざ・手足の痛みが劇的に消える』
『深層筋メソッドでひじ・ひざ・手足の痛みが劇的に消える』
(セブン&アイ出版)
『深層筋メソッドで肩こり・首痛が劇的に消える』
『深層筋メソッドで肩こり・首痛が劇的に消える』
(セブン&アイ出版)
『みるみるほうれい線が消える! 顔層筋トレーニング』
『みるみるほうれい線が消える! 顔層筋トレーニング』
(宝島社)
『深層筋大図鑑』
『深層筋大図鑑』
(セブン&アイ出版)
『顔層筋深部リンパマッサージ』
『顔層筋深部リンパマッサージ』
(青春出版社)
『痛みの根本は筋肉にある! 深層筋療法 [DVD]』
『痛みの根本は筋肉にある! 深層筋療法 [DVD]』
(BABジャパン)
『ほうれい線が消える!顔層筋トレーニング14日間プログラム』
『ほうれい線が消える!顔層筋トレーニング14日間プログラム』
(宝島社)
『「タオル」を結んで押すだけでしつこい「コリ」が「ウソ」のようにとれる!』
『「タオル」を結んで押すだけでしつこい「コリ」が「ウソ」のようにとれる!』
(かんき出版)
『改訂新版 深層筋大図鑑』
『改訂新版 深層筋大図鑑』
(セブン&アイ出版)